背景画像

馬具工房から世界的なブランドへ|エルメスケリーバッグ情報館

HISTORY

装飾
  • 馬具工房から世界的なブランドへ

馬具工房から世界的なブランドへ

ブランド設立時代

ティエリア・エルメスが1837年に創設した高級ブランドのエルメス。いまでこそ、世界でもトップクラスのファッションブランドとして有名ですが、設立当初は高級馬具の製造ブランドでした。

馬具の普及に伴って、エルメスも業界内で確実にシェアを伸ばしていきます。鞍を直接販売するためのルートを確保した上で、その高レベルな技術を遺憾なく発揮することで、ヨーロッパ中の王侯貴族から好まれていました。ファッションブランド時代だけではなく、馬具製造においてもエルメスは一級品のブランドでした。

後に自動車文化が発展することで訪れた馬車文明の衰退に合わせて、エルメスもその有様を変えていきます。エルメスの三代目社長であるエミール・モーリス・エルメスの発案により、まずは鞍を入れるためのバッグが販売されます。

そのバッグとは、1892年に誕生した「オータクロア」です。オータクロアにも、それまで高級馬具メーカーとして培った高度な皮革加工技術が活かされています。そのため、他社には見られない高クオリティーのバッグとして、幅広く使用されるようになりました。

時代に合わせてその在り方を変えても、常に最高品質の技術に注目が集まっているブランドがエルメスです。

装飾画像

ユーザー目線のデザイン手法

エルメスのバッグが時代を超えて世界中で愛され続けている理由とは、他社にはマネできない唯一無二の魅力があるからです。

  • 職人技が光り輝いている懇切ていねいなディティール
  • 他のブランドには存在しない独創的でありながらおしゃれなデザイン
  • 時代に即して常に進化し続けていく柔軟さ

これらエルメスの魅力が色褪せない限り、これからもエルメスは常に流行の最前線に存在し続けます。

エルメスを代表するシリーズのひとつ、ケリーバッグは、「オータクロア」という初代バッグを原型として1935年に製造されたバッグです。ケリー王妃がカメラを向けられた際に、妊娠中のお腹を咄嗟にこのバッグで隠したことから「ケリーバッグ」と命名されました。

1984年には、エルメスにおいてケリーバッグと並び称されるほど有名なバーキンが登場します。バーキンは、世界中にその名を知られる女優のジェーン・バーキンに因んで命名されたバッグです。

ジェーンは整理整頓が苦手だったことから、バスケットに大量のものを乱雑に詰め込むことが日常でした。そんなある日、エルメスのデュマ社長とジェーンが飛行機でたまたま隣に座ることになります。デュマ社長は、隣の席に座っているジェーンのバスケットを見かねて、そのバスケットの中身をすべて入れられるバッグの製造を提案します。

常に利用者の使い勝手を考えていることから、時代を超えて世界中の人々に愛され続けているファッションブランドがエルメスです。

装飾画像

今までのエルメス、今後のエルメス

エルメスはコンスタントに魅力的なバッグを世界に排出し続けています。1935年のケリーや1984年のバーキン以降も、新しいモデルが発表される度に、既存のファンを満足させることはもちろん、それまでエルメスに触れたことがない新規のファンも獲得しています。

エルメスの勢いが止まることを知らない理由は、常にその時代の流行を意識して、柔軟に取り入れ続けているからです。同時に、これまでの歴史で培ったエルメスだけの技術とセンスも大切に守っています。

例えば、1923年に登場した「ボリード」とは、エルメスの長いバッグ史上において、初めてファスナーが採用されたバッグです。1967年には、羽のように軽いことから「羽」の意味を持ったバッグの「プリュム」を発表しています。

1969年に発表された「コンスタンス」は、エルメスのイニシャルである「H」の留め具を採用したバッグです。

また、新たなタイプのバッグを発表するのみに留まらず、過去の人気が高いデザインのバッグも販売され続けています。具体的には、1892年に誕生した「オータクロア」の新作、「オータクロアHe」が2011年の冬コレクションで発表されました。

エルメスは、エルメス独自の技術と伝統を守り続けながら、常に最先端の流行を取り入れることで、これからも愛され続けていくことでしょう。

装飾画像
fin 装飾
インフォメーション
エルメスの日本における展開
アイコン

エルメスの日本における展開

MORE

エルメスのケリーバッグとは?
アイコン

エルメスのケリーバッグとは?

MORE

馬具工房から世界的なブランドヘ
アイコン

馬具工房から世界的なブランドヘ

MORE

エルメスの歴史
ケリーバッグを愛用する著名人
アイコン

ケリーバッグを愛用する著名人

MORE

ケリーバッグはなぜ人々に愛されるのか?
アイコン

ケリーバッグはなぜ人々に愛されるのか?

MORE

口コミ情報
アイコン

口コミ情報

MORE

バッグのお手入れ・メンテナンス
アイコン

バッグのお手入れ・メンテナンス

MORE

お役立ち情報
ケリーバッグのサイズについて
アイコン

ケリーバッグのサイズについて

MORE

装飾画像

ページトップアイコン